サプリメント

グルコサミンで関節健康実現【いつまでも若々しく動ける】

関節痛を緩和するために

関節

十分な量を摂取するには

グルコサミンは、老化とともに磨り減ってしまう軟骨の再生や、関節痛の治療に効果があるとされている成分です。グルコサミンは軟骨の原料で、間接をスムーズに動かすための滑液を保つ役割をしています。グルコサミンは食べ物の中にはあまり含まれておらず、カニやエビなどの甲殻類のチキン質に含まれている程度です。関節の痛みを緩和するという目的のためには十分な量とは言えません。効果的な摂取方法は、サプリメントを利用することです。痛みや炎症の症状が和らぐといった効果を実感するには、一般的に二ヶ月程度とされていますが、この段階ではまだ根本的な治療にまでは到っていません。軟骨の再生には長い時間がかかるため、サプリメントを長期間摂取していく必要があります。

なぜ関節痛に効くのか

グルコサミンが軟骨の原料であることは書きましたが、軟骨の主成分は「コラーゲン」と「プロテグリカン」、「軟骨細胞」、「関節液」です。そのうち、プロテグリカンは軟骨の柔軟性を維持するのに必要な成分ですが、グルコサミンはこのプロテグリカンや関節液の原料となります。サプリメントでの成分表記では、「塩酸塩」、「硫酸塩」といった表記が後ろにつくことがありますが、いずれもグルコサミンのことです。また、「N-アセチルグルコサミン」とあるのは、体内で存在するグルコサミンで、吸収率が優れています。サプリメントによっては、グルコサミンとともにコンドロイチンを配合しているものもあります。コンドロイチンにも軟骨の柔軟性を保つ役割があり、両方摂取することで相乗的な効果が期待できます。